より良い スポーツペアレンツを目指して

 
 
 
 

・試合の時

 :「試合後、子供を質問攻めにするのはやめましょう

 :「子どもを委縮させない応援を心がけましょう

 

・練習の時

 :「今」上手いかどうかは、それほど大切では、ない

 

・我が子との関わり

 :「教えてもらってないから出来ない」子にはしないようにしましょう

 :「自分で責任を取らせましょう

 :「親がまず見本となりましょう

 :「あなたはどうすればいいと思う?」と言える親を目指しましょう

 :「褒める、だけではなく・・・

 

・コーチとの関係

 :「子どもをしつけるのはコーチはなく、あなた(親)です

 :「なんなんだ?あのコーチ(親)は?と思ったら…

 

・子どもがスポーツでケガをしたら

 :「痛みの”原因”にきちんと向き合ってくれる人を身近に!

 :「大丈夫?はNGワードです。

 :「親が復帰を焦らせてはいけない/痛みや不調を素直に打ち明けられる親子関係を築く

 

・チームメイトの父母との関係

 

・他の子どもとの関係

 

・子ども達へのメッセージ

 :「今」がすべてではないですよ(レベルアップで悩んでるあなたへ)

 

Goodスポーツペアレンツ像とは?

 

 

TOPIC一覧

親が復帰を焦らせてはいけない/痛みや不調、悩みを素直に打ち明けられる親子関係に

2014年11月15日 08:21
「痛みや不調、悩みを素直に打ち明けられる親子関係に」「親が復帰を焦らせてはいけない」 特に、そのスポーツが好きで好きで仕方がない子が、ケガや体の不調を訴え、病院に行ったり、しばらく休んだ後、そろそろ復帰が見え出すかな?というとき、症状を隠す、不調をごまかす、ということがあります。 本人はプレーした

「褒める、だけで本当にいいの?」

2014年11月12日 15:46
「褒める、だけで本当にいいのか?」「ダメなこと、は、誰が子どもに伝えるのか?」 スポーツにおいても、褒めて伸ばす!ことの大切さが強調されます。   もちろん、それを否定するつもりは全くありません。 でも、でも。。。   天使の面ばかりを持つのが子どもではない、のです。 何が良く

「子どもを委縮させない応援を心がけましょう」

2014年11月04日 20:40
「応援の声掛け、の、その言葉、実は子どもを委縮させていませんか?」   親は、応援しているつもり、なんです。そう、悪気は全くないのです、だから、コーチも、そして周りの親も注意しづらいこと。   でも。。。   皆さんのその声掛け、実は子ども達へのプレーに悪影響を与えてい

「大丈夫?」はNGワードです

2014年09月18日 13:50
「大丈夫?」はNGワード、と、セミナーでも繰り返し伝えています。   体調が悪い子、怪我をした選手、に、「大丈夫?...

「なんだんだ?あのコーチ(親)?」と思ったら…

2014年09月18日 13:45
「なんなんだ?あのコーチ」と思ったら、文句ではなく、分からないことは尋ねよう。不思議なことは聞いてみよう。   「なんなんだ?あの親」と思ったら、チームの方針、親としてしてほしい事、してほしくないこと、をきちんと伝えよう。   「言ってくれればいいのに」   「言わなく

「痛みの”原因”にきちんと向き合ってくれる人を身近に!」

2014年09月13日 16:36
「痛みの”原因”にきちんと向き合ってくれる人を身近に!」 スポーツをしていれば、ケガもするし、体のどこかに痛みがでることもある、でしょう。   親としては、痛がる子供を目の前に、どうにかその「痛みをすぐに取り除く」方法を探そうと、右往左往することもあるかと思います。   特に、

子どもを”しつけ”るのは、コーチではなく親

2014年08月22日 06:42
子どもを”しつけ”るのは、あくまで親、です。社会のルールや人としてのモラルを教えるのも、まずは親、なの、です。   「うちの子は言う事きかなくて…」   「礼儀がなってなくて…」   「ルーズで…」   「是非コーチ(先生)に一から叩き直していただいて…」 &

「あなたはどうすればいいと思う?」と言える親を目指そう

2014年08月22日 06:10
「あなたは、どうすればいいと思う?どうしたい?」と言える親、を目指しましょう。 わが子が困難にぶち当たった時、練習や試合で上手くプレーができなかった時、親が無理に答えを出す必要はない、し、無理にコーチ的なアドバイスをしなくてもいい、と思います。   「あーすれば良かった、お前の、あなたの

「今」上手いかどうかは、それほど大切では、ない

2014年07月02日 13:40
みなさんは、わが子のプレーにやきもきしたり、イライラしたり、他の子と比べてはいけない、と思っていても、上手い子のプレーをみると、何でうちの子は・・・?   なんて思ってしまうスポーツペアレンツではありませんか?   しかし、ジュニア期においては、「今」上手いかどうかは、それほど大

試合後、子供を質問攻めにするのはやめましょう

2014年07月01日 07:06
「試合の後、子供を質問攻めにするのはやめましょう」 試合から帰ってきた子どもに対し、「今日どうだった?勝った?負けた?得点は?活躍した?フル出場できた?何点決めた?誰が決めた?最後のパスは誰がだした?打った?記録は?コーチに怒られた?褒められた?どんなフォーメーションでいった?ポジションはどこだっ
アイテム: 1 - 10 / 16
1 | 2 >>