スポーツペアレンツ心構え4ヶ条

(1)縁の下の力持ちであれ!

⇒常に子ども達の味方として支える。絶対的なサポーターとなる。

 

(2)転ばぬ先の杖になり過ぎない!

⇒失敗してこそ学ぶ。ミスを恐れずどんどんチャレンジさせてみる。

 

(3)指導方法やチームの戦術には原則口を出さない!

⇒思うことがあっても「心の中」にとどめておく。まずは任せる。

 

(4)子どもの牽引車とはならない!

⇒子どもの前を走らない、ちょっと後ろを伴走するイメージで