日本サッカー協会発行 Players first! 「今日はぼくたちの1日」

私たちの愛する子どもたちが、大好きなサッカーを楽しめるように!

子どもたちがサッカーを通じてフェアプレーを学んでいるように、我々親もそのフェアプレー精神で応援したいものです。

 

以下 日本サッカー協会発行 Player's FIrst P18より転記 

 

おとなのみなさんへ


「ぼくたちのゲームを観に来てくれて、そしてぼくたちのこと、ぼくらのサッカーのことをきにかけてくれてどうもありがとう。」

今日はぼくたちの一日

「ぼくたちは、サッカーをするのが楽しくて大好きなんだ。もちろん、ぼくらのうちのだれが勝っても楽しいんだ。でもぼくらにとって一番大事なのはプレーすることなんだよ。」

だから、プレーをさせておいてください

「大声でさわがないでね。相手のチームや応援に対してもフェアな態度をとってね。ミスをしたからって、いちいち言わないで。そんなことを言われたらがっかりだし、言われたからってそう簡単に上手くできるようにはならないんだ。」

すべてのこどもより

 

Player's First は日本サッカー協会のHPからダウンロードもできます。

ダウンロード先はコチラです。

http://www.jfa.or.jp/training/otona/index.html

 

ちょっと耳が痛いですか?(笑)

 

我々は、親として

 

相手チームをけなしたり

審判に野次をとばしたり

コーチの采配に文句を言ったり

 

そんな姿を子どもに見せるべきではありませんし、子ども達だってそんな親の姿は見たくないはずです。

 

勝っても、負けても

 

彼ら達、彼女達にとって、サッカーボールを追いかける日が何より楽しい日となるよう、我々親ができることは、文句や愚痴を言うことではなく、子どもたちの『楽しい!』という思いを支えてあげること、そして良い環境を整えてあげること、なのです。

 

「言われたからったそう簡単に上手くできるようにはならないんだ。」

 

そうだよね、ゴメンね。

 

目の前の結果や出来、不出来ではなく、人間としての長い成長を見守っていく。

 

子どものスポーツ参加に親が関われるのはほんの一時。親子で楽しい時間にしたいもの、ですね。