スポーツ現場で役立つちょこっと情報

1)足がつったら?

2013年10月21日 18:33
子どものスポーツ活動中、突然「イタっ!」と、足を引きずって歩き始めたり、ふくらはぎを押さえて座り込んだり・・・ 足がつること、しばしば見られますよね。   ◆足がつる原因は  ●疲労や、体温低下によるもの。 ●水分

2)太ももの打撲

2013年10月21日 18:42
打撲だからと言ってあまり軽視はしないようにしましょう。悪化すると、その筋肉が骨化してしまう(骨化性筋炎)のです。   大腿部前面は面積が広いため、相手の膝やかかとが入りやすく、それらが大腿部前面の筋肉群を、その下の大腿

3)テーピングを使いこなす

2013年10月21日 18:44
子どものスポーツ現場にある救急箱に常備してある、ホワイトテープ、みなさんは、使いこなしていますか?   あるけど、あんまり使えてないかも。。。   テーピングのやり方、知らないし。。。  一体、何に使うのか、ホ

4)スポーツ中に歯が抜けた!

2013年10月21日 18:47
子どものスポーツ活動中に、 ”ドン” とぶつかり、”あっ!” と見たら、 「口から出血!」   子どもは、「なんか、痛いよ~」と・・・。   そんな時は、プレーを一時中断し、まずは出血場所を確認してく

5)運動に適した筋温

2013年10月21日 18:50
よく人間の身体は車に例えられることがあるかと思います。寒い時期にエンジンをかけてすぐ発車すると、車にあまり良くない、ですよね。   これ、カラダも同じです。カラダが十分に温まらず、急激に動くとケガの原因になりますし何よ

6)人工芝の表面温度

2013年10月21日 18:54
一言に 「人工芝」と言っても色々な種類がありまして、その種類によって表面温度も様々なようです。   表面温度を抑える様、作られている最近主流の人工芝「ロングパイル式」や、「温度抑制型人工芝」のようなものは、かなり天然芝

7)成長痛について

2013年10月22日 14:29
子どもが夜中、急に関節周辺を痛がったら・・・、「これって成長痛?」と疑問に感じたら・・・   また、どんな対応をすればよいか、迷ったら・・・    保護者や指導者はお医者さんではありませんの

8)子どもの身体の特徴

2013年10月22日 15:13
子どものからだは、大人と比べて何が、どのように違うのでしょうか?   そして、その特徴から、スポーツを行う際には何を注意したらよいのでしょうか?   < 子どもの骨の特徴 >    ・大人に比べて

9)子どもの心の成長

2013年10月22日 15:18
スポーツ活動を行わせたい親の気持ちとして、もちろん、スポーツそのものの楽しさや技術を得ることができる、ということ以外に、”忍耐力がつく” とか、”チームワークについて学べる” とか ”努力することの大切さを知る”なども期待するのではない

10)ウォームアップとクールダウン

2013年10月22日 15:33
スポーツ障害の最も効果のある予防策は、適切なウォーミングアップとクーリングダウンにある!と言っても過言ではありません。   ◆ウォームアップ ・・・ いきなりトップギアにいれず、軽いジョギングやストレッチなどで心拍数を
アイテム: 1 - 10 / 13
1 | 2 >>