理学療法士/アスレティックトレーナー

原田先生インタビュー③

<子どもとスポーツ>

Q:部活動もしくはジュニアスポーツの、そもそものあるべき姿、子ども達の理想的なスポーツとの関わり方とはどのようなものだとお考えですか?

A:心身ともに健康に生きていくための1つの手段だと思います。まずは体を動かすことの楽しさを感じるのが一番だと思います。

 

Q:具体的なスポーツ外傷や障害について、再発予防に大切なのは情報の共有だと思うのですが、各スポーツ団体ではそのようなことは徹底されていると思われますか?

A:もっとケース報告や各チームから情報を報告するような環境づくりが大切だと思います。 どんな状況で外傷・障害が発生したのか各チーム、学校が協力して調査していくだけでも再発予防的な観点において大きいことだと思います。

 

Q:スポーツ障害を起こさないため、そして起こりにくい身体作りなどはできますか?小さいうちから行っていたら良い事や習慣などがあれば教えてください。

A:良く言われることかと思うのですが、やはり色んな運動をするのはいいことだと思います。

いくつもの習い事をさせる、ということよりも、現実としてジュニア期におけるスポーツ指導の中で、様々な動きが体験できるようなトレーニングメニューを入れていく、という事が必要なのではないかな、と思います。

例えば、クールダウンの中で違ったスポーツの動きを入れてみるとか、ですね。

 

Q:ジュニアのスポーツ指導に関わる方に「これだけは知っておいてほしい」ということはありますか?

A:まず子供の身体は変化していく、ということと、個人差がある、という事は絶対知っておいてほしいですね。子供は大人のミニチュア版ではありません。

 

<ケガ後の対応について>

Q:整形外科と整骨院、ケガをしたり、スポーツによる痛みがある場合、保護者はどちらに連れて行けば良いですか?

A:まずは医師のいる医療機関を受診することをお勧めします。

スポーツ障害や外傷に詳しい医師や初期対応・復帰までのリハビリテーション(アスレティックリハビリテーション)をきちんと見てくれる理学療法士やトレーナーがいる病院や施設なら、なおいいですが・・・。

 

Q:それはどうやって調べられますか?

A:難しいですね・・・。やはり一般的ですが、日本体育協会のスポーツドクター検索などで調べる、というのは1つの手ですね。そういったことに対応できる理学療法士がどこにいるかを調べるのはもっと難しいですね。そこで私も現在、まずはこの地域だけでもそういう施設が検索できるようなシステムが作れないか東京都の理学療法士協会の活動の中で考案中です。

 

Q:完成したら是非教えてください!

A:はい、もちろんです!

 

Q:アスレティックリハビリテーション、は、やはりスポーツ復帰においては大前提だと思われますか?

A:もちろんです。動かしてはいけない部分、というのはもちろんありますが、動かしても大丈夫な部分があるのなら、そこは動かしていくべきですし、ケガの治りの経過によってできる動きは増えていき、復帰に向けたトレーニングも取り入れていきます。

痛みが引くまで何もせず、そしていきなり復帰、ということはありません。

 

Q:親が診察に連れて行った際、なにか医師に聞いておくべきポイントなどがあれば教えてください。

A:できる事をきちんと聞いておく、という事でしょうか。できないことは明確だと思うので、「できることはありませんか?」と聞いてみるのはどうでしょう?

グランドや、コート、そしてお家でできる事、を聞いてみるのです。

例えば、上肢、肘や肩などを痛めていたとしても、ランニングやエアロバイク、下肢のトレーニング、などはできる場合が多くありますし、下肢のケガの時には、体幹であったり上半身であったり、できる事は意外とあるんですよ。

 

Q:復帰スケジュールプランなどの提示があると親も子供も安心だと思うのですが・・・。

A:そうですね、大体の復帰時期、それに向かってどのようなことをしていくべきなのか、スポーツ外傷や障害に詳しいドクターや理学療法士、トレーナーがいる施設であれば説明は必ずあるはずです。

 

最後に、スポーツペアレンツの皆様へ一言お願いします!

 

保護者の方も進んで指導者の方との情報共有をしてみてください。

 

そして、是非スクールトレーナーの存在が広がるよう、プッシュしていただけると幸いです。

 

子ども達が楽しく安全にスポーツができるように、関わるみんなが協力していきましょう!

 

 

原田先生、お忙しい中ご協力いただきありがとうございました!

 

原田先生に直接連絡を取りたい!という方、先生のアドレス記載のご了解をいただきましたのでこちらまで。

harada@sigg.ac.jp

原田先生より・・・

今回の記事を読んで興味を持っていただいた親御さんや、学校の先生、PT、PTを目指す高校生・大学生の皆さんお気軽にご連絡ください。

 

>(