キッズスポーツトレーナーズアカデミー

かなり前から、アメリカのスポーツ界ではプロチームはもちろん、大学の運動部におけるプロのトレーナーの存在は、あたりまえ、でした。

遅ればせながら日本でも、最近ではプロ・アマ問わず、多くのチームでトレーナーが配属されるようになり、日本体育協会では、公認のアスレティックトレーナーを養成する講座もできました。

しかしながら、小学生を中心としたキッズやジュニアスポーツにおいて、その活動が非常に盛んであるにもかかわらず、プロのトレーナーをつけることなど不可能に近く、そこはやはり、怪我の対応や処置は、現場にいるコーチやママさん達が行っていることと思います。

  *万が一、スポーツ現場で事故が発生したら・・・
  *万が一、頭を打ったら・・・ 
  *もし、足首を捻挫したら・・・画像
  *救急箱の中には何を入れたら・・・?テーピングって子供にもいいの?
  *アイシングってどうやったら・・・?何分くらいするの?いつまで続けるの?
  *”お当番”が救急手当てをするように言われてるけど・・・

など、スポーツキッズを見守るママさん達(パパさんも!)に、スポーツ医学のちょっとした情報をお伝えすることにより、身近にいる子供たちがスポーツを楽しく、そして安全に行えるよう、サポートできたら・・・!

という想いで、『キッズスポーツ トレーナーズ アカデミー』を立ち上げました。

 

「お当番さん」だけではもったいない!お当番さんをトレーナーに!