8)オスグッド ママトレーナーによる予防と対策

2014年05月02日 18:53

みんなでポチット!参加アンケート、「皆さんが詳しく知りたいスポーツ障害は?」で1位だったのは、オスグッド病でした。

ではSPJママメンバーでオスグッドの予防対策法について意見をだしあってみようじゃないか!

ということで、トレーナー経験のあるママトレーナーさんから頂いたアドバイスをご紹介します!

あくまで参考に^^ 痛みが続いているなら、まずは診察ですよ!

〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=

「オスグッド、ママトレーナーが考える、予防と対策」

1:大腿四頭筋(もも前)のストレッチ
2:膝蓋靭帯(お皿の下部分)のアイシング
3:大腿四頭筋のストレングス(強化)
4:栄養としてビタミンACEの補給
5:パテラ(お皿の骨)のモビリティ(良く動かす)
6:正しいアスレティックポジション(どの方向にも動き出せるポジショニング)からのトリプルエクステンション(股関節、膝関節、足関節を上手く連動した下肢の曲げ伸ばし)の習得

6はちょっと解説を入れます^^. トリプルエクステンション、ということなので、直訳すると、3つの伸展運動、です。

3つ、とはどの部分かといいますと、股関節、膝関節、そして足関節です。
この3つの部分を連動した動きとして身近なものは、垂直跳び、でしょうか。

3つの部分がきちんと連動して動かず膝関節だけでの曲げ伸ばしを繰り返すと、やはり膝に負担がかかり、オスグッドの原因の1つにもなりやすい、ということ。

ですから、オスグッドですね…と診断されて、膝の痛みがちょっと引いたかな~と思ってすぐに復帰しても、きちんとした身体の使い方が習得できていないとすぐにまた痛みがぶり返すこともある、ということなんです。

この「正しいアスレティックポジションからのトリプルエクステンションの習得」をお家でできたらいいですね~。