4)筋肉痛について

2013年10月21日 12:57

子どもでも筋肉痛になるの・・・?

答えは、「なります。」  ただし、5歳未満の子どもには筋肉痛は起こらない、とも言われています。(詳しいメカニズムは不明。)

 

そもそも、筋肉痛が起こるほどの運動をしていない、というのが原因なのでは・・・?と個人的には解釈していますが・・・。

そして、数年前まで、筋肉痛の原因は、筋肉の中に蓄積された「乳酸」によるものである、というのが定説になっていましたが、最近の研究では、それはどうも違うらしい・・・という流れが出てきました。

スポーツ活動では、これまで「乳酸」は疲労物質の代名詞のような存在で悪役的存在でありました。が、最近ではこの「乳酸」のお蔭で、筋肉が破壊されることなく、結果的には疲労を軽減するのに一役買っているのでは・・・?との説が主流となってきています。(未だ解明中の部分もあり) 

 

?「筋肉痛」ってそもそも何?

激しい運動をしてからしばらくした後(翌日や、2~3日後に現れる場合も)に、筋肉に張りや痛みがでるものを、総称して呼んでいます。怪我ではないので、運動直後に出る痛みは筋肉痛とは呼びません。

 

?「筋肉痛」ってどうして起こるの? 

筋肉痛のメカニズム(原因)については、様々な仮説がありますが、現在の有力な説は、”筋肉の線維とその周りの組織が激しい運動によって損傷し、炎症を起こして痛みを起こしているのでは?” というものです。 ただし、この説もどうやら違うらしい、という新説がでてきています。最近の研究では、どんなに激しい運動をしても、筋肉自体に傷はついていないようだ、という発見があったようです。まだまだ奥が深い、筋肉痛です。

 

?「乳酸」って体の中でどんな働きがあるの?運動をしても「筋肉痛」が起こらないときは、運動量が足りないの? 

そんなことはありません。運動内容やその質、時間と、筋肉痛の有無 は、関係がありません。

 

?子どもが運動をして、筋肉痛になったみたい。ちょっと動くと痛がるけど、痛みを軽くする方法はあるの?

筋肉痛とは一時的な痛みなので、安静にしていれば数日で痛みは解消されます。 ですが、何もしないよりは、痛くない範囲でストレッチをしたりジョギングや軽いスイミング、などは痛みを減らす効果がある、と言われています。

 

数日経過しても痛みが軽くならない、などの場合は筋肉痛ではなく、障害の可能性なども考えられますから医療機関を受診させてください。