4)スポーツ中に歯が抜けた!

2013年10月21日 18:47
子どものスポーツ活動中に、 ”ドン” とぶつかり、”あっ!” と見たら、 「口から出血!」
 
子どもは、「なんか、痛いよ~」と・・・。
 
そんな時は、プレーを一時中断し、まずは出血場所を確認してください!
唇ですか? 歯茎ですか? それとも歯、そのものが抜けたり、ぐらついたりしていませんか?
 
もし、歯が抜けていたりしたら、その抜けた歯は、どこにありますか?
口の中にありましたか? 飲み込んでしまっていませんか? それとも、グランドのどこかに落ちていませんか?
 
もし歯がぬけてしまったら、このように対応してください。
 
1:必ず抜けてしまった歯を見つけ、水で軽く流します。(ゴシゴシこすったり、強い勢いの水で流さないように注意します。)歯の周りに付いている膜が、歯を元通りにするために必要な組織なのです!
 
2:その歯を濡らしたガーゼで優しく包みます。(家であれば牛乳を入れたコップの中に浸すのでもよい)
 
3:抜けた歯茎から出血している場合は、ガーゼなどを噛ませます。
 
4:30分以内に歯医者さんへ!
 
 *歯が完全に抜けていなくて、ぐらついている場合は、抜けないように軽く手で押さえるなどして歯医者さんへ!
 
運動中は、どうしても口から息をしますから、口は半空きの状態ですよね。
 
子どもはマウスピースなんてしていませんし・・・。
 
それに、ぶつかってダメージを受けやすい歯は、どうしても前歯ですね・・・。
 
抜けると一番目立つ・・・。
 
ですから、抜けてしまったら、必ず見つけて、保護して、即、歯医者へダッシュ!です。
 
あ、お子さんも一緒に! あわてて歯だけ持っていかないように・・・。^^