7)EAP(エマージェンシーアクションプラン)を作ろう

2013年10月20日 19:32

スポーツ現場での緊急時に備えて、”エマージェンシーアクションプラン”の常備は必須です! 


みなさまのお子様のチームではいかがですか? ありますか?

コーチだけではなく、保護者の皆さまもその存在を知り、誰もがお子様のスポーツ現場での万が一に備え、すばやく対応できる体制をとっておきたいものです。<
「何かあってもコーチがいるし・・・」
ではなく、
「コーチの負担が少しでも軽減できるようにしておこう。」 と、多くの保護者の方に思っていただけたらな・・・と考えています。

万が一、子どもがスポーツ中に頭を打ったとき、コーチはその子の対応を、それではあなたは何をしますか?

オロオロ見ているだけですか? 他にできることはありませんか?

試合中に、子どもが足を強く捻った。歩くのが困難なよう・・・。コートの外まではコーチが運んでくれましたが、その後はどうしますか?

コーチは試合の指揮もとらなくてはいけません。怪我をした子は誰が対応しますか?痛がっているままですか? 何かできませんか?

「ちょっと捻ったようなので、帰ってからアイシングしておいて下さい。」とコーチに言われ、

「ア、アイシングって何ですか?」とならないように・・・。


EAP作成セミナーも開催していますので、そちらで是非情報をゲットしてくださいね!