より良い スポーツペアレンツを目指して

 
 
 
 

・試合の時

 :「試合後、子供を質問攻めにするのはやめましょう

 :「子どもを委縮させない応援を心がけましょう

 

・練習の時

 :「今」上手いかどうかは、それほど大切では、ない

 

・我が子との関わり

 :「教えてもらってないから出来ない」子にはしないようにしましょう

 :「自分で責任を取らせましょう

 :「親がまず見本となりましょう

 :「あなたはどうすればいいと思う?」と言える親を目指しましょう

 :「褒める、だけではなく・・・

 

・コーチとの関係

 :「子どもをしつけるのはコーチはなく、あなた(親)です

 :「なんなんだ?あのコーチ(親)は?と思ったら…

 

・子どもがスポーツでケガをしたら

 :「痛みの”原因”にきちんと向き合ってくれる人を身近に!

 :「大丈夫?はNGワードです。

 :「親が復帰を焦らせてはいけない/痛みや不調を素直に打ち明けられる親子関係を築く

 

・チームメイトの父母との関係

 

・他の子どもとの関係

 

・子ども達へのメッセージ

 :「今」がすべてではないですよ(レベルアップで悩んでるあなたへ)

 

Goodスポーツペアレンツ像とは?

 

 

TOPIC一覧

親がまず見本となりましょう

2014年03月24日 13:51
1つ、自分自身を戒めるためにも、忘れてはいけないな、と思う事を追記しようと思います。 「子は親の鏡」なのだ、ということ、です。 忘れ物が多い、いつも遅刻する=だらしがない、怒られるとすぐ言い訳をする(「だって…」、「僕(私)だけじゃないもん…」)、文句を言う(審判のジャッジやチームメイトのミスに

自分で責任を取らせましょう

2014年03月19日 18:57
子どもが忘れ物をしないように・・・ 試合や練習に遅れないように・・・ コーチに怒られないように・・・   と、親があまり先回りしないようにしましょう。 忘れ物をした、なら自分の責任。 遅刻をした、なら、それも自分の責任

Good スポーツペアレンツ像とは?

2013年11月24日 14:59
  【ATママメンバーの考える、Good スポーツペアレンツ像】   1)プレーヤーズファースト。親の押しつけにならないこと。   子どもの向き湯向きの見極め(決めつけではなく)、子供が何に挑戦・苦手克服等をしようとしているかを過干渉しない。 失敗・成功体験、自立心の成

スポーツを頑張るあなたへ

2013年10月22日 09:43
スポーツを頑張るあなたへ。「今」がすべてではない、ですよ スポーツを頑張ってるあなたへメッセージです。   「今」が全てではないです、よ。 きっと、「今」レギュラーになれない、とか、「今」ケガをしてプレーができない、とか、「今」思うようにプレーができない、とか・・・ 悩んでいる子も

サイドラインコーチになるのは控えましょう

2013年10月22日 09:40
とあるジュニアサッカーゲームでの一コマ。   「走れよ!ちんたらしてるな!そっち!あっち!奥ががら空きだぞ!〇番マーク、マーク!気を抜くなって!パスだ!ドリブルだ!声出せ!前だ!後ろだ!なんだそのプレー!やる気を出せ!いけっつってんだろ!」   。。。書いているだけでむなしくなっ

「教えてもらっていないから出来ない」 という子にはしないようにしましょう

2013年10月22日 09:36
スポーツペアレンツの皆さん、『教えてもらってないから出来ない…』という子にはしないようにしましょう。   最近、スポーツの指導で「自分で考えてやってごらん」と子ども達を促す指導をして下さるコーチが増えました。   ですが、子ども達は「そんなこと教えてもらってないから考えられなーい
アイテム: 11 - 16 / 16
<< 1 | 2